外食ドットビズ

トピックス

サブウェイ、新コンセプトを取り入れた「ららぽーとTOKYO-BAY店」オープン
サブウェイに訪れた瞬間から始まる、新しいサブウェイ体験を創造する店舗

 日本サブウェイが展開するサンドイッチ・チェーン「サブウェイ」は、新コンセプト「フレッシュ・フォワード」を取り入れた「サブウェイ ららぽーとTOKYO-BAY店」を7月29日にリニューアルオープンする。
 ららぽーとTOKYO-BAYは、ファッション・映画館・アミューズメント・グルメなど、多彩な約440店舗が集まる大型商業施設であり、地元の人をはじめ県外からも多くの人が来店する。
 「フレッシュ・フォワード」は、サブウェイに訪れた瞬間から始まる、新しいサブウェイ体験を創造する新店舗コンセプト。同店では、デジタル・メニューボードの設置、無料で利用できるWi-Fi接続の提供、オリジナル放送の「サブウェイラジオ」で店内空間を演出といった特徴を有する。このコンセプトは、2017年より世界中で導入が進められており、各国の来店客に最高のサブウェイ体験を提供している。

【サブウェイ ららぽーとTOKYO-BAY店 店舗概要】
所在地:千葉県船橋市浜町2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY 北館1F
営業時間:10:00?21:00
店舗規模:17.41坪、26席
 

(外食.Biz)
2019年07月29日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る