外食ドットビズ

トピックス

米国ポテト協会、都内14店舗で楽しめるローディッドフライを紹介
グルメバーガーやドラフトビールと相性抜群!各店こだわりの一品を知る

 米国ポテト協会 日本代表事務所は、東京都内14店舗で食べられる米国産ポテトを使ったローディッドフライを紹介する。各メニューは7月末まで全店で提供される予定で、それ以降は店舗によって異なる。
 アメリカのレストランやファストフードチェーンで人気の「ローディッドフライ」は、「荷物を積んだ」という意味で、フライドポテトにトッピングやソースをたっぷりのせた一品。外はカリッと中はホクホクした食感の米国産フライドポテト。おなじみの細長いシューストリングや三日月型をした皮付きのウェッジカットだけでなく、渦巻き状のカーリーフライ、網状のワッフルカット、俵型のテイタードラムといったユニークな形状のポテトを使ったお店こだわりの一品を楽しめる。
 神田・蔵前エリアでは、「CRAFT BEER BAR IBREW秋葉原駅前店」の、ラム肉とチリソースのピリ辛で食欲そそる「ラムチリチーズポテト」(890円/税抜)、「folk burgers & beers」の、ゴーダチーズと甘辛い肉みその和風テイストな「ゴーダミソミートフライ」(780円/同)、「McLean-old burger stand-」の、自家製チリトマトソースとチェダーチーズのアメリカンスタイル「カーリーチリフライ」(740円/税込)。
 青山周辺では、「ICON」の、カリカリに焼いたポテトにチョコレートチリソースをかけたバッファローチキンをのせた豪快な「バッファローパフポテト」(1,200円/税抜)、「ハラカラ。南青山店」の、玉ねぎの水分のみで作った無水カレーに和風だしをプラスした自家製カレーディップで楽しむ「ハラカラ。クリスピーフライ カレーディップ」(580円/同)、「TOWERS CAFÉ」の、スパイシーな胡椒とハチミツなどをブレンドしたソースと牛ひき肉のくせになる美味しさ「特製タワーズポテト」(780円/税込)、「MUNCH’S BURGER SHACK」の、ワッフルカットポテトに牛肉、ベーコン、ハム、モッツァレラチーズ、卵をトッピングしたワンプレート「皿盛りのチビート」(1,580円/同)、「CHANgES Burger」の、ごま油と醤油の和風だれで和えた万能ねぎとカイワレ、さらに鰹節をトッピングしたお好み焼き風「花かつおかおる ネギとジャガイモのサラダ」(480円/税抜)。
 新宿・池袋・立川では、「CRUZ BURGERS & CRAFT BEERS」の、ワッフルカットポテトに店長自慢のプルドポークとチーズをトッピングした「スパイシープルドポーク&チーズ・フライ」(1,058円/税込)、「峰屋 x Kitchen Lab」の、2度揚げしてカリカリにしたポテトにホワイトソース、ほうれん草、ステッペンシュレッドチーズをのせて焼き上げた「ポテトスピナッチ」(800円/同)、「SPORTS BAR FIORI」の、ワッフルポテトにチキン南蛮をのせ、バジル入りタルタルソースをかけたボリューム満点「チキン南蛮ワッフルフライ」(4個750円~/同)、「VIVA LA BURGER」の、ベシャメルソースとポテト、ベーコン、玉ねぎ、チーズの絶妙な組み合わせの「ウェッジカットポテトのクリームチーズ焼き」(1,000円/税抜)、「No. 18」の、キーマカレーにたっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノをトッピングした「キーマカレーポテト」(1,050円/税込)、「OLD NEW DINER」の、ケイジャンスパイスをまぶして焼き上げた鶏もも肉200gをトッピングした「スパイシーケイジャンチキンフライ」(1,000円/同)。
神田・蔵前エリア:http://www.favy.jp/topics/26886
青山周辺:http://www.favy.jp/topics/26934
新宿・池袋・立川:http://www.favy.jp/topics/26932
 

(外食.Biz)
2019年07月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る