外食ドットビズ

トピックス

WDI、伝統とロックを融合!「ハードロックカフェ京都」オープン
町家づくりの外観を持つ世界唯一の「ハードロックカフェ」が登場

 WDI JAPANは、様々な音楽を聴きながら料理が楽しめるアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」を世界中から観光客が集まる街“京都”にて7月12日にオープンする。
 「ハードロックカフェ京都」は、昔ながらの京町家が連なり、白川が流れ、石畳の道が続いている祇園白川に位置する。祇園エリアでも屈指の美しい光景が見られる観光スポットとして有名な祇園巽橋のほど近く、伝統的建造物群保存地区に指定された地区を舞台に、町屋づくりの外観をもつ世界唯一の「ハードロックカフェ」が誕生する。
 「ハードロックカフェ」といえば、世界共通のオリジナルレシピの下、各店手作りで調理され、味・ボリューム共に本場アメリカ料理をアレンジすることなく提供される自慢のハンバーガーをはじめとしたバラエティ豊かなアイテムの数々を楽しめる。京都店では、これらに加えローカルメニュー4品を用意。お漬物など伝統的な和食の要素を加えた「味噌わさびバーガー」(2,180円)、京野菜をアレンジしたベジタリアン対応の「ベジタブルロール」(1,380円)、「焼き鳥ウィング」(1,280円)、京都の水で作った「レインドロップケーキ アイスクリーム添え」(980円)といった、オリジナリティあふれるアイテムを提供する。
 また、店内においては、テイラー・スイフトの衣装、プリンスのタンバリン、マドンナのジュエリー、リッチー・サンボラ(Bon Jovi)のギター、エミネムのバンダナのほか、貴重なコレクションの数々を間近で見ることができる。
 さらに、「ロックショップ」では、ロゴマークに店舗所在都市名“KYOTO”を配したTシャツやキャップ、ピンズ、グラス類などの「ハードロックカフェ」定番商品はもちろんのこと、ここでしか手に入らない特別デザインのグッズをはじめ、日本の伝統工芸品をアレンジしたお土産にも最適な小物類やジャパンメイドのオリジナル商品をラインナップする。
※金額は、「税抜き」価格

【ハードロックカフェ京都】
所在地:京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町 67番地
電話番号:075-533-7771
営業時間:11:00~23:00
 

(外食.Biz)
2019年07月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る