外食ドットビズ

トピックス

「ミライザカ」「和民」「坐・和民」で夏鍋を中心とした宴会コースを提供
「和民」「坐・和民」では「うま辛!キムチチゲ鍋の夏宴会コース」を用意

 ワタミは、全国の「ミライザカ」「和民」「坐・和民」店舗にて、本格的な夏の暑さを迎える7月11日~9月8日の期間、猛暑・残暑に負けないスタミナ満点の辛さあふれる夏鍋を中心とした宴会コースを提供する。
 日本人の好きなご馳走といえば「鍋」。特に近年そのバリエーションの進化はめざましく、昔は冬のご馳走と言われていた鍋は、いまや年間を通して楽しまれており、なかでも“暑い夏に食べるあつあつの鍋”は新たな定番となった。人気の「キムチチゲ鍋」は、「暑いときこそうまい!」という声もある鍋。今夏、各業態店舗では、キムチチゲをはじめとした辛い鍋をラインナップする。
 「和民」「坐・和民」では、キムチをふんだんに使用し、後引く辛さと〆の胡麻坦坦うどんがやみつきになる「キムチチゲ鍋」を中心とした全8品の「うま辛!キムチチゲ鍋の夏宴会コース」(料理のみ2,500円)を、「ミライザカ」では、夏野菜をたっぷり使ったヘルシーな鍋ながら、ピリッとシビれる辛みと香り高く風味豊かな「麻辣麻婆鍋」を中心とした全7品の「夏鍋-NATSUNABE-」(料理のみ2,500円)を用意。どちらのコースも2時間半楽しめる飲み放題をつけても合計3,500円という価格設定のため大人に嬉しく、日常に気軽に楽しむことができるプチ贅沢なひとときとなっている。
※金額は、1人当たりの「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2019年07月09日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る