外食ドットビズ

トピックス

いろはにほへと、土用の丑の日は鰻でスタミナチャージ!夏のごちそう鰻メニュー発売
甘太郎、「餃子フェスタ2019」開催!個性豊かな7種の餃子が勢揃い!

 レインズインターナショナル/CWカンパニーは、「うまいものいっぱい いろはにほへと」13店舗にて、「白炊きうな釜ひつまぶし」など鰻メニュー販売を7月2日に期間限定で開始。また、「手作り居酒屋 甘太郎」の関東・関西・中京44店舗では、同日より、「餃子フェスタ2019」と題して、バリエーションを楽しむ餃子メニューの販売を開始した。
 鰻のひつまぶしといえば鰻にタレを塗った蒲焼を使用するが、いろはにほへとの「白炊き“うな釜”ひつまぶし」(1,999円)では、蒲焼よりもさらにふっくらした鰻で楽しんでもらえるように焼いてから身を蒸した白焼きを使用。釜を使用した炊きたてご飯以外にも薬味を3種とこだわりの黄金出汁を用意し、ひつまぶしの特徴である、味の変化を楽しむことができる。
 その他、全長約22cmの天ぷら「鰻の一文字天ぷら」(1,999円)、「鰻の白焼き」(1,999円)も用意した。
 一方、「甘太郎」の「餃子フェスタ2019」では、「辛激の水餃子」、「もち皮焼き餃子(12ヶ)」、「菜々餃子」、「塩レモン極氷餃子」、「スタミナ炊き餃子」、「胡麻坦々水餃子」、「ぶっかけチーズ水餃子」(各499円)と、7種の個性派餃子を用意した。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年07月04日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る