外食ドットビズ

トピックス

つぼ八、暑い夏にスタミナをつける肉と旬の食材を使用した料理を提供
同時に、保護猫活動を支援するメニューも用意し、1品につき10円を寄付

 つぼ八は、本州の「つぼ八」店舗にて、暑い季節に向けてスタミナをつける肉料理、旬の食材を使用した料理、そして行き場のない不幸な猫たちを救う、保護猫団体への寄付金プロジェクト対象のオムライスなどの期間限定メニューを6月24日~7月31日期間で提供する。
 「夏の肉対決!!一本勝負」と題して提供するのは、脂身の柔らかさが特徴のイベリコ豚を使用した「イベリコ豚のステーキ」(580円)と「牛たんねぎ塩焼」(680円)。食肉卸業者と強いパイプを持ち焼肉業態や牛たん業態も運営するつぼ八が、夏のスタミナメニューを提案する。
 また、とうもろこし、ゴーヤなど旬の食材を使った料理もラインナップ。「もろこし のり塩天ぷら」(420円)、「ゆず塩豚トロレタス」(480円)、「2種のソースで食べる にら饅頭」や、やわらかな栃尾揚げとゴーヤの食感が愉しい「栃尾揚げでゴーヤチャンプル」(580円)なども用意する。
 そして今回、保護猫への寄付金プロジェクトとして「にゃんこオムライス」(420円)を販売。本取り組みは、今年2月に北海道内の店舗で実施し、多くの人々に賛同の声を得たもので、「にゃんこオムライス」1品につき10円を行き場のない不幸な猫たちを救う活動をしている団体へ寄付する。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年06月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る