外食ドットビズ

トピックス

名島亭、本店で「築炉(ちくろ)釜だし豚骨ラーメン」を特別価格で提供
全5店舗では、6月30日まで「名島亭創業祭サービス券」を配布

 力の源カンパニーは、博多長浜ラーメン店「名島亭本店」(福岡市東区名島2-41-7)にて、創業32周年を記念し、6月21日~23日の3日間限定で、「築炉(ちくろ)釜だし豚骨ラーメン」を特別価格の500円(税込)で提供する。
 「名島亭」は、1987年、城戸修氏が福岡市東区名島の裏通りに創業した老舗のラーメン店。2008年放送のFBS福岡放送「九州ラーメン総選挙2008」で優勝するなど、味にうるさいラーメンファンからも支持が厚く、その味を求めて多くのラーメンファンが訪れている。2016年に力の源グループに仲間入りし、現在、福岡県内に3店舗、神奈川県に1店舗、兵庫県に1店舗の計5店舗を展開している。
 「築炉釜だし豚骨ラーメン」は、「築炉釜」という特製の釜を使い減った分の出汁を継ぎ足しながら作る「呼び戻し製法」により生まれる、豚骨の旨みエキスが詰まったあっさりとした飲み口のスープが特徴。「名島亭」定番で一番人気の、自信の一杯。
 また、「名島亭」全5店舗では、6月30日までの期間、「替玉」などをプレゼントする「名島亭創業祭サービス券」を配布。ラーメン1杯につきスタンプを1つ押印し、1つ目押印で「トッピングの玉子1つ」、2つ目で「替玉一玉」、3つ目で「餃子5個」、4つ目で「『築炉釜だし豚骨ラーメン』1杯500円」をサービスする。
 

(外食.Biz)
2019年06月15日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る