外食ドットビズ

トピックス

じゃらん、行ってみたい工場見学ランキングを発表
TOP10内に飲食系のスポットが7つもランクインする結果に

 リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌「じゃらん」は、関東1都6県在住の20~50代男女を対象に、「工場見学」に関するアンケートを実施し、1,003名の有効回答を得た。
 企業の裏側や普段見ることができない製造現場を間近で見ることができ、企業の歴史や文化を楽しく学べることで人気の「工場見学」。今回のアンケートでは70.5%が行ったことがあると回答するなど人気の高さが伺えた。その魅力については、「試飲・試食ができる」(759票)、「無料」(731票)のキーワードが圧倒的人気で、「お土産がある」(406票)、「親子で楽しめる」(158票)、「商品が購入できる」(156票)を大きく引き離した、ランキングTOP10は、1位「中村屋 中華まんミュージアム」(21.4%)以下、「造幣局さいたま支局」(19.0%)、「キリンビール 取手工場」(17.8%)、「崎陽軒 横浜工場」(17.0%)、「シャトレーゼ白州工場」(16.6%)、「グリコピア・イースト」(16.0%)、「ANA機体工場見学」(14.9%)、「サッポロビール 千葉工場」(12.2%)、「JAL工場見学~SKY MUSEUM」(11.0%)、「めんたいパーク大洗」(10.1%)で、飲食系のスポットが7つもランクインする結果となった。
 なお、飲食系のスポットの概要は以下の通り。
 「中村屋中華まんミュージアム」は、「家族でおいしい思い出作り」をコンセプトに2019年1月にオープンした日本初の中華まん工場の常設見学施設。おいしさの秘密を探した最後にはアツアツの蒸したて肉まんが食べられる。5月から8月中旬までは休館。
 「キリンビール 取手工場」は、「一番搾りおいしさの秘密発見ツアー」以外に、家族向けの「ファミリーツアー」や「ハートランドツアー」など、ビールの魅力を存分に味わえるツアーが充実している。
 「崎陽軒 横浜工場」は、シウマイやお弁当のおかずの試食付きで人気の見学ツアー。お土産を販売する併設のプチミュージアムショップで、工場できたてのアツアツメニューを食べて帰るのがおすすめ。
 「シャトレーゼ白州工場」は、白州名水を使用したアイスクリームやあんこなど素材にこだわった菓子の製造工程の見学や、名水仕込みのアイスクリームの試食が無料で楽しめる。
 「グリコピア・イースト」は、楽しみながらお菓子の世界を見る・知る・学べる「ユニークな工場見学施設」。ポッキーやプリッツの製造工程やチョコレートができるまでを映像で紹介している。
 「サッポロビール 千葉工場」は、青い海と緑に囲まれた美しいビール工場で、黒ラベルの“生のうまさ”が実感できる人気のツアー。2018年に見学施設をリニューアルし、見学時間と試飲杯数が増え、見ごたえある内容にパワーアップ。隣接のサッポロビール千葉ビール園もおすすめ。
 「めんたいパーク大洗」は、明太子の老舗メーカー「かねふく」が手がける明太子のテーマパーク。工場見学のほか、原料であるスケソウダラの生態や明太子の作り方が分かるギャラリー、できたての明太子を試食できるコーナーやフードコート、直売店など盛りだくさん。

【アンケート概要】
調査時期:5月17日~5月20日
調査対象:関東1都6県在住(東京・神奈川・千葉・茨城・栃木・群馬・埼玉)の20代~50代男女
調査方法:インターネット調査(「関東・東北じゃらん」掲載スポットの中から選択)
有効回答数:1,003名
 

(外食.Biz)
2019年06月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る