外食ドットビズ

トピックス

かまどか、6月12日よりグランドメニューをリニューアル
人気の「ひな鳥 半身揚げ」に夏にぴったりの「スパイシーカレー」が登場

 レインズインターナショナルは、全国の「かまどか」店舗にて、6月12日より、グランドメニューをリニューアルし、夏にぴったりの“スパイシー”や“スタミナ”のメニューなど、かまどかの強みである鶏料理をはじめとした17品の新商品が加わる。
 かまどかでは、揚げ物がより一層美味しく調理できる次世代分子調理器「Dr.Fry-2」を全店に設置。「ひな鳥 半身揚げ スパイシーカレー」(790円)は、夏にピッタリの刺激的かつスパイシーな香りが食欲をそそり、梅雨や夏バテなどで食欲が落ちがちな時期でも食べたくなる一品に仕立てた。手羽、ムネ、モモ、ササミなど一度に色々な部位を楽しめるのも半身揚げならではの楽しみ方。「鶏のメリメロ焼き」(790円)は、ニンニクたっぷりの特製ソースで味付けした鶏料理。メリメロとは、フランス語で「ごちゃまぜ」という意味。鍬(くわ)に置かれた熱々の溶岩石の上で「ジュージューッ」という食欲をかき立てるような音と一緒に、モモ、皮、レバー、砂肝、軟骨といった食感の異なる部位を楽しめる。
 その他、「ちょい釜飯 鶏の釜飯」(500円)、「ちょい釜飯 イカ明太バター釜飯」(500円)など計17品を用意する。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年06月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る