外食ドットビズ

トピックス

天丼てんや、夏を彩る名物メニュー「大江戸天丼」などを発売
好評の「てんやのガッツリ晩ごはん」第3弾メニューの提供も開始

 テンコーポレーションは、全国の「天丼てんや」(一部店舗を除く)にて、季節限定メニュー「大江戸天丼」(820円~)と、肉天丼シリーズの「豚角煮天丼」(790円)を6月13日~8月7日(予定)の期間で販売する。また、17時以降の限定メニュー「てんやのガッツリ晩ごはん」の第3弾として、「豚角煮小天丼とそば(またはうどん)セット」(890円)の提供も開始する。
 丼から溢れるほどの大きさの「穴子」と「大いか」が、「大江戸天丼」限定で復活。さらに、「海老」と「おくら」が丼に彩りを添える。半熟玉子をからめて食べるのがおすすめ。
 「豚角煮天丼」は、ジューシーで柔らかい豚の角煮を天ぷらにし、天丼として仕上げた、てんやならではの一品。甘辛味がよくしみ込んだ角煮は、からしと刻み長ねぎがアクセントとなり、ご飯がすすむ仕上がり。さっぱりと食べやすい「ハーフ玉子の天ぷら」や、天ぷらでは珍しい「ほうれん草のかき揚げ」も楽しめる。
 「豚角煮小天丼とそば(またはうどん)セット」では、そば(またはうどん)を大盛りサイズ(1.5倍量)で注文しても値段据え置きで提供。りんご果汁入りで飲みやすい、黒酢ドリンク付きのセットも+60円で用意した。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2019年06月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る