外食ドットビズ

トピックス

「グランポレール 安曇野池田」シリーズから新ヴィンテージ登場
最高品質のぶどうを使用、グランポレールのフラッグシップシリーズ

 サッポロビールは、「グランポレール 安曇野池田」シリーズから「ソーヴィニヨン・ブラン2017」「メルロー2016」「シラー2015」の3アイテム(各750mlびん)を6月25日に全国で新発売する。
 「グランポレール 安曇野池田」シリーズは、グランポレールのフラッグシップと位置付けるシングルヴィンヤードシリーズで、単一畑の個性を活かした最高品質のぶどうで造っている。安曇野池田ヴィンヤードは2010年に植栽開始以降、樹齢が上がるごとにその品質が着実に向上している。
 「グランポレール 安曇野池田 ソーヴィニヨン・ブラン2017」(生産本数4,368本限定)は、白桃やツゲの新芽を想わせるアロマと豊かな酸味が感じられるワイン。後口に、柑橘の果皮を想わせる苦味が心地よく広がり、引き締まった印象を与える。「グランポレール 安曇野池田 メルロー2016」(同3,044本限定)は、果実由来のベリーの香りと適度な樽香が良く調和した、メルローらしい柔らかく緻密なタンニンが特長のワイン。「グランポレール 安曇野池田 シラー2015」(同3,368本限定)は、胡椒のようなスパイシーな香りと果実の成熟を感じさせる豊かで滑らかなタンニンを楽しめるワイン。
 

(外食.Biz)
2019年06月11日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る