外食ドットビズ

トピックス

北海道を舞台にした新たな挑戦を支援する共創活動がスタート
一杯のドリンクでプロジェクトを支援しよう!「ほっとけないどう」開始

 サッポロビールは、「ふるさとのために、何ができるだろう?」をスローガンに、創業の地である北海道の行政とも協働し、地域活性の貢献を目指す取り組みを続けている。今回、北海道を舞台に、新たなプロジェクトにチャレンジしたい「挑戦者」と、その活動を支援したい「応援者」をつなぐコミュニティづくりを目指した共創活動「ほっとけないどう」を6月6日より開始した。
 「ほっとけないどう」では、「挑戦者」と「応援者」をつなぐ様々な仕組みを設けるが、取り組みの中心となるのは、「ほっとけないAWARD(プレゼンテーションイベント)」で、そのイベントで挑戦者が発表したプロジェクトに対して資金協力できる「カンパイ☆ファンディング」が行われる。
「カンパイ☆ファンディング」は、6月7日にオープンした「ほっとけないBAR」でドリンクを購入することにより、支払額の半額を支援したいプロジェクトへ資金協力できるサービス。
 同社では、本取り組みを通して、北海道がさらに活性していけるよう応援していきたいとしている。
ほっとけないどうサイト:https://hottokenaido.com/
 

(外食.Biz)
2019年06月10日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る