外食ドットビズ

トピックス

レストラン特化型スマホ決済「TableCheck Pay」が新機能実装
来店当日の“会計レス”を実現!会計の待ち時間ゼロ、手ぶらでレストラン利用が可能に

 TableCheckは、レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」で、会計時のスマホ操作を不要にする「オートペイ」機能を5月22日より、会計後に来店客がWeb上で領収証を発行できる「クラウドレシート」機能を5月30日より提供開始する。これにより、来店客は店舗にて現金も、カードも、スマホも一切使用せずに会計を済ませられるようになり、食事の余韻もそのままに“会計レス”でスムーズな退店が可能になる。
 「TableCheck Pay」は、クラウド型レストランマネジメントシステム「TableSolution(テーブルソリューション)」を導入する飲食店であれば、初期費用や月額費用0円で利用可能なレストラン特化型のスマホ決済サービス。会計にかかる時間や作業負担を軽減したり、会計で来店客を長時間待たせることがないため満足度向上にも繋がる。
 来店客は、飲食店予約サービス「TableCheck(テーブルチェック)」で予約時にクレジットカード情報の登録を行うと、「QRコード決済」や「メール決済」といったスマホ決済に加え、「オートペイ」利用によるスマホ操作不要のキャッシュレス決済が可能になる。「オートペイ」は、昨今タクシーアプリ等で一般的になっている、支払いに現金も、カードも、スマホも必要としない“自動精算”の仕組み。来店客が予約と同時にクレジットカード情報を登録し「TableCheck Payオートペイ」を有効にすることで、当日の飲食代金を自動でカード決済することができる。店舗内での会計行為そのものをなくし食事が終わり次第、すぐに退店することが可能になる。飲食店側は、「TableSolution」に会計金額を入力するだけでカード決済を行うことができ、会計を完了させることができる。クレジットカード決済が実行されると、来店客には決済金額の通知がSMSまたはEメールで送信される。
 また、「クラウドレシート」は、来店客が、「TableCheck Pay」で行った会計の領収証をWeb上でいつでも取得できる機能。従来、領収書は退店前に店舗内で受け取る必要があったが、本機能の実装により、店舗内での待ち時間を気にすることなく、領収書を受け取ることができるようになる。来店客においては、同席者を待たせることなくよりスムーズに会計を済ませることができ利便性向上に繋がるとともに、飲食店においては、領収書発行の手間を省き会計業務の効率化を図ることが可能となる。
 

(外食.Biz)
2019年05月27日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る