外食ドットビズ

トピックス

4月の訪日外客数、0.9%増の292万7千人と単月として過去最高に
4月までの累計は1,098万1千人と、4ヶ月で1,000万人を超える

 日本政府観光局(JNTO)は、2019年4月度の訪日外客数の推計値を発表。前年同月比0.9%増の292万7千人と、単月として過去最高でもあった昨年4月の290万1千人を約3万人上回り、単月として過去最高を記録した。また、4月までの累計は1,098万1千人となり、4ヶ月で1,000万人を超えた。
 昨年は3月末であったイースター休暇が、今年は4月となり、欧米豪市場を中心に影響を受けたことに加え、桜鑑賞等を目的に訪日需要が高まる春に向けて各市場で展開した訪日旅行プロモーションの効果もあり、訪日者数は前年同月を上回った。一方で、日本のゴールデンウィークが10 連休となり訪日旅行商品の高騰、日本国内観光地の混雑等を理由として訪日旅行者数が多い東アジア市場を中心に訪日需要が抑えられたことから、訪日外客数全体の伸びは鈍化した。
 市場別では、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、カナダ、英国、フランス、イタリア、ロシアで単月として過去最高を記録したほか、中国、豪州、米国、ドイツ、スペインで4 月として過去最高を記録した。
 

(外食.Biz)
2019年05月24日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る