外食ドットビズ

トピックス

サッポロライオン、「札幌開拓使ジンギスカンビヤガーデン」を5月17日にオープン
市内で一番早いビヤガーデン!日替わりクラフトビール「開拓使麦酒」も楽しめる

 サッポロライオンは、札幌市の商業施設「サッポロファクトリー」レンガ館前の西広場にて、札幌市内で最も早い5月17日より、「札幌開拓使ジンギスカンビヤガーデン」の営業を開始する。
 「札幌開拓使ジンギスカンビヤガーデン」は、「はじまりの喜びに、乾杯しよう。」をコンセプトに、仕事帰りや休日に楽しめるスポット。開催場所は、さっぽろ・ふるさと文化百選にも指定されている、1876(明治9)年に開業したビール発祥の地「開拓使麦酒醸造所」赤レンガの建物前。夜にはライトアップされる幻想的な雰囲気を楽しめる。
 人気の「生ラムジンギスカン食べ飲み放題90分」(3,900円)や「生ラムジンギスカン&牛カルビ食べ飲み放題90分」(4,100円)の他、生ビールはもちろん、各種アルコールやソフトドリンク、アラカルトなども多数用意する。また、「札幌開拓使麦酒醸造所」で製造し、サッポロファクトリー内の「ビヤケラー札幌開拓使」のみで販売している生ビール「開拓使麦酒」(各780円)を日替わりで楽しむこともできる。
※金額は、大人1名あたりの「税抜き」価格

【札幌開拓使ジンギスカンビヤガーデン】
所在地:北海道札幌市中央区北2条東4 サッポロファクトリー レンガ館西広場
営業期間:5月17日~9月8日
営業時間:17:00~22:00(土日祝12:00~)
※気象状況などにより営業時間の変更または休業する場合があり
座席数:最大310席
電話:011-207-5555(ビヤケラー札幌開拓使と共通)
 

(外食.Biz)
2019年05月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る