外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、インターンシップでEC商品アイデアを募り商品化
日頃の感謝の気持ちをメッセージやイラストで伝えられる“母の日に贈りたいビール”

 サッポロビールは、就職活動支援の一環として2017年からインターンシップを実施しており、1回あたり30~50人の学生を募集し、2018年は7回実施した。ここでは、単なる職場体験ではなく、毎回テーマを設定し、参加した学生が、様々なワークショップを通じて、「働くこと」について考え、同社の事業内容についても理解を深めてもらえる機会となるよう、様々なプログラムを実施している。
 昨年11月に実施したインターンシップでは、“ECを学ぶ”をテーマに実施し、実際にAmazonのバイヤーにも参加してもらい、ECサイトで販売する商品企画を考案した。「ヱビスビール」を題材に、母の日に贈りたいギフトについて、学生達のアイデアを募り、そのうちの一点を今回商品化することとなった。
 今回のアイデアは、「世界に一つだけのオリジナルプレゼント ヱビス2種 陶器タンブラー付き(350ml×8本)」として、Amazon.co.jpで販売する母の日ヱビスギフトに盛り込み、5月8日より数量限定販売する。本商品は、陶器製タンブラーにらくやきマーカーでメッセージやイラストを書き、オーブンレンジに入れて、メッセージを焼き付けることができるので、日頃の感謝の気持ちをメッセージやイラストで伝えられる。
 同社では、今後も、次世代人財育成のために様々なインターンシップを開催し、就職活動中の学生に事業活動を理解してもらうことのみならず、学生から出てきたアイデアを具現化する等、新しいインターンシップに取り組んでいきたいとしている。
Amazon上での販売ページ: http://www.amazon.co.jp/dp/B07QD6PNJ8
 

(外食.Biz)
2019年05月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る