外食ドットビズ

トピックス

新時代の若き才能を発掘する料理人コンペ「RED U-35 2019」開幕
令和元年開催となる今年の応募テーマは「ニッポンの宝」

 RED U-35(RYORININ’s EMERGING DREAM)実行委員会は、35歳以下の若手料理人の発掘・応援を目的とした料理人コンペティション「RED U-35 2019」の応募受付を、4月23日より開始すると発表した。
 RED U-35は、夢と野望を抱く、新しい世代の、新しい価値観の料理人を見いだし、世の中に後押ししていくため、これまでの料理コンテストとは全く異なる視点で開催する料理人コンペティション。昨年は過去最多となる567名の応募があり、開催は今年で7回目となる。
 令和元年開催となる今年の1次審査は「ニッポンの宝」をテーマに“ドキュメント審査”を実施。“世界に発信したいニッポン“など自由な解釈で受け止め、料理人としての考え・可能性をレシピで提案してもらう。1次審査以降は、2次審査の“オンライン審査”、3次審査の“試食審査”を経て、10月に行われる最終審査によりグランプリ“レッドエッグ”が決定する。応募は4月23日~5月14日の期間中、オンライン応募のみでの受付となる。また、4月22日まで、料理人の名前を知らなくても、店舗名と地域などの情報だけで、一般の人から若手料理人を推薦できる“応募者推薦制度”も実施する。
RED U-35 2019大会概要:https://www.redu35.jp/competition/
 

(外食.Biz)
2019年04月19日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る