外食ドットビズ

トピックス

サガミ、新食感“かつおの頂”を使用した「一本釣り鰹料理」を販売
静岡県焼津市出身のやいづ親善大使SKE48青木詩織さんも応援!

 サガミレストランツは、全国の「和食麺処サガミ」店舗にて、春を告げる食材の代表格“鰹”をふんだんにつかった「一本釣り鰹料理」を4月16日より販売する。
 「和食麺処サガミ」で使用するのは、水揚げ量日本一の焼津港から送られる船上活〆「かつおの頂」を使用した新食感の「かつお」。その身は臭みがなく鮮やかな赤みのもちもち食感。「かつおは苦手」という人にもおいしく楽しんでもらえる。
 「かつお刺身定食(三種盛り)」(1,490円)は、「かつおの頂」を刺身、漬け、炙りで楽しめる贅沢な定食。また、厚切りのかつおを特製漬けダレで仕上げた「かつお漬け丼と季節のおろしそば」(1,390円)、みょうが・細切りねぎの薬味でさっぱり食べられるサガミ自慢のそばに、筍・こごみなどを使用した天ぷらも楽しめる「季節の天ぷらつけ麺とかつお漬けプチ丼」(1,290円)も用意した。
 なお、現在タイアップ中のアイドルグループSKE48メンバーの一人でもあり、やいづ親善大使の青木詩織さんも地元焼津市とサガミを強力に応援してくれる。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年04月15日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る