外食ドットビズ

トピックス

味の素AGF、上賀茂神社に初の常設お休み処《神山湧水珈琲|煎》開設
造営以来およそ2600年、日本最古の神社のひとつである上賀茂神社に

 京都の名水「神山湧水(こうやまゆうすい)」を守り続けてきた上賀茂神社と、味の素AGFは、21年に1度の式年遷宮を記念して、平成27年5月より実施している『世界文化遺産 上賀茂神社 式年遷宮記念文化事業 supported by AGF「煎」』の一環として、4月10日に、上賀茂神社境内にてお休み処《神山湧水珈琲|煎》を開設した。
 「命を育む水は、食を育む水」という考えのもと、日本の水と味覚を探究する同社は、上賀茂神社が神山湧水を長い間守り続けていることに深い畏敬の念を感じ、その湧水を活かした「神山湧水珈琲」を作った。以来、上賀茂神社との共同事業として実施した催しにおいて、一般参拝者や観光客に「神山湧水珈琲」とともにやすらぎの時間を提供してきた。
 今回開設した《神山湧水珈琲|煎》は、日本最古の神社の一つである上賀茂神社の約2600年に及ぶ歴史の中で、初めて常設されるお休み処。空間デザインは建築家の長谷川豪氏が、グラフィックデザインは「煎」のトータルブランディングを担当する原研哉氏がそれぞれ手掛けた。上賀茂神社の境内を流れる「神山湧水」で淹れるコーヒーをいつでも楽しめる。

【神山湧水珈琲|煎】
開設場所:賀茂別雷神社(上賀茂神社)内 憩いの庭および社務所横
提供時間:10:00~16:00
提供メニュー:「神山湧水珈琲|煎(ホット、アイス)」(各400円/税込)
 

(外食.Biz)
2019年04月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る