外食ドットビズ

トピックス

マクドナルド、より充実したサービスを!「未来型店舗体験」導入開始
「ゲストエクスペリエンスリーダー」「テーブルデリバリー」「モバイルオーダー」

 日本マクドナルドは、静岡県内の75店舗にて、顧客のニーズに寄り添った快適な店舗体験を提供する「未来型店舗体験」を4月10日より導入した。
「未来型店舗体験」では、一人一人の来店客に、より充実したサービスを提供する考えのもと、「ゲストエクスペリエンスリーダー」、「テーブルデリバリー」、「モバイルオーダー」を各店舗に導入することで、さまざまな顧客の多様なニーズに対応し、新しい快適さ・おもてなしを提供。
 「ゲストエクスペリエンスリーダー」は、来店から退店まで店舗体験全体をサポートするスタッフ。メニュー選びで困っている人、空席を探している人など、ふと困った時に寄り添ったり、心地よい楽しいひとときを共有できるような存在を目指す。また、「テーブルデリバリー」は、注文カウンターで支払いが終了した後に番号プレートを持って席で待っていると、クルーが商品を届けるサービス。そして、「モバイルオーダー」は、来店前にスマートフォンのアプリで商品の注文を完了することができ、来店時にアプリ上で決済をするだけで、できたての商品が準備され、ピックアップできるサービス。注文の際にゆっくりと時間をかけて好きなバーガーを選べる、店舗での注文の列に並ばずスピーディに商品を受け取れるなど、利便性でも満足を提供する。
 同社では、「未来型店舗体験」を通じて、クイックサービスレストランのサービススタンダードの刷新を図っていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年04月11日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る