外食ドットビズ

トピックス

ロイヤルホールディングス、プラスチック製ストローの提供を順次廃止
4月から「ロイヤルホスト」など6ブランドの直営店、2020年までに直営全店で

 ロイヤルホールディングスは、世界的な問題となっているプラスチックごみの廃棄による海洋汚染への取り組みとして、2020年までに同社グループの直営全店において使い捨てのプラスチック製ストローの提供を原則中止すると発表した。
 同社は、昨年11月より「ロイヤルホスト 桜新町店」などグループ内の9店舗において先行導入を行ってきたが、今年4月からは「ロイヤルホスト」「カウボーイ家族」「シズラー」「シェーキーズ」「ロイヤルガーデンカフェ」「リッチモンドホテル」の6ブランドの直営306店舗において、プラスチック製ストローの提供廃止と、ストローを必要とする来店客には自然分解される植物由来のストローの提供を順次行っていく。同時にドリンクバー店舗には、飲み物の攪拌に使用してもらえる環境にやさしい植林材利用のマドラーを設置する。
 同社では、地球規模で広がるプラスチックによる海洋汚染に対して、プラスチック製ストロー廃止を含め、持続的な社会の実現に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年04月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る