外食ドットビズ

トピックス

APカンパニー、西日本初上陸!鴨専門店「なかもぐろ」を博多にオープン
「オリエンタルホテル福岡 博多ステーション」のレストランフロアに誕生

 エー・ピーカンパニーグループの㈱リアルテイストは、4月9日にグランドオープンする「オリエンタルホテル福岡 博多ステーション」のレストランフロアに、「鴨すき鴨しゃぶ なかもぐろ」をオープンする。
 中目黒・麻布十番に次ぐ同店では、鍋文化の根付く美食の街博多にて、鴨しゃぶ・鴨すき焼き専門店として、最上鴨の新たな魅力を発信していく。なお、最上鴨は、同社登録商標のブランドで、信頼のおける山形県の契約農家に生産を委託している合鴨。同県産の米を飼料に与えるなどのこだわりの生産により、ほのかに甘くすっきりとした脂を持つ、自慢の食材。高級フレンチや蕎麦屋などの限られたお店でしか食す機会がなく、一般的には高価な食材として認知されている国産合鴨だが、「なかもぐろ」では、地鶏の生産で培ったノウハウを持つ同社と生産者との協同により、“生産者の顔が見える鴨”を手ごろな価格で提供する。最上鴨の持つ肉質の良さ、甘くくちどけのよい脂を「鴨しゃぶ」(2,500円)と「鴨すき焼き」(2,500円)でシンプルに味わえる。その他、アラカルトでは、「鴨もも肉のたたき葱まみれ」や「鴨胸肉の炙りユッケ」などを用意する。
※金額は、1人前当たりの「税抜き」価格、

【鴨すき鴨しゃぶ なかもぐろ】
所在地:福岡市博多区博多駅中央街4-23 オリエンタルホテル福岡 博多ステーションB1階
電話:092-433-8950
営業時間:11:30~23:30
定休日:なし
想定客単価:5,000円前後
客席数:92席
 

(外食.Biz)
2019年04月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る