外食ドットビズ

トピックス

サッポロHD、「SBL88乳酸菌」による睡眠の質改善効果を実証
サッポロウエルネスラボ株式会社を設立し、健康食品の提案を加速

 サッポロホールディングスは、独自の機能性食品素材「SBL88乳酸菌」の新たな健康機能として、臨床試験にて「睡眠の質改善効果」を確認したと発表した。本臨床試験では、「SBL88乳酸菌」を含む試験食品を4週間摂取した被験者で起床時の眠気改善や起床時に感じる疲労感の回復効果が認められたという。
 日本では一般成人の約2割が睡眠で休養が十分にとれていないとの自覚症状があり(厚生労働省:平成29年度国民健康・栄養調査)、良質な睡眠を十分にとることは、現代社会における重要な課題となっている。「SBL88乳酸菌」は、同社が長年続けてきたビール研究において大麦から発見され、これまでにも臨床試験で、整腸作用、アルコール代謝・肝機能改善効果といった複数の健康機能性を確認している。
 同社は、「SBL88乳酸菌」の他にも新たな健康機能性に関する研究開発を進めており、これらの価値のグループ内外への提案を加速させるため、2月4日付でサッポロウエルネスラボ㈱を設立。企業理念として“独自のエビデンスとおいしさでお客様の「健やかで輝く笑顔まで」サポートする”を掲げ、生活をより豊かにする健康食品および食品素材を提案する。
 同社では、グループの第一次中期経営計画で掲げた「グループ経営基盤の変革」に基づき、R&D成果を生かした事業展開を実行し、グループの成長をリードする戦略テーマである「『食』分野の拡大加速」を通じて「長期経営ビジョンSPEED150」の実現を目指したいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年03月25日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る