外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、「天然くえVS熟成大とろ」フェアを3月15日より開催
幻の魚と言われる高級魚「国産天然くえ」が1貫200円で楽しめる

 くらコーポレーションは、全国の回転寿司チェーン「無添くら寿司」店舗にて、幻の魚と言われる高級魚「国産天然くえ」を提供する「天然くえVS熟成大とろ」フェアを3月15日~3月21日の期間限定で開催する。
 「国産天然くえ」は、鹿児島県や長崎県、宮崎県などの西日本で主に獲れるが、その希少性から幻の魚とも言われている。白身でありながら濃厚な旨みが養殖のくえより深く、その中でも主に12月から2月に獲れる最も脂の乗った極上の国産天然くえを、今回、1貫200円で提供する。また、国産天然魚を捌く自社加工センターの強みを活かし、「国産天然くえあら汁」(370円)も15日~17日の3日間限定で用意。くえの濃厚な旨みが溶け出した「あら汁」を楽しめる。なお、本フェアでは厳選したミナミマグロから、マグロの最高級部位を使った「熟成大とろ」(1貫200円)も提供。くら寿司独自の熟成方法により旨みを最大限に引き出した。
 さらに、RTするだけで総額20万円の食事券が当たる「くえvs大とろフェア」Twitter限定企画も実施。同期間中に、くら寿司公式ツイッターアカウントをフォロー&ツイートもしくはフェイスブックで「いいね」をすると抽選で40名に、全国のくら寿司で使用できる5,000円分の食事券をプレゼントする。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年03月15日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る