外食ドットビズ

トピックス

トニーローマ、新たな定番に!「TONY ROMA’S NEW CLASSICS」開催
“新定番”の意を持つ「ニュークラシック」をテーマにしたキャンペーンを

 WDI JAPANは、1979年の日本上陸から40周年を迎える、アメリカ発祥のバーベキューリブ専門レストラン「トニーローマ」国内8店舗にて、“NEW CLASSICS(ニュークラシック)”をテーマにしたオリジナル・スペシャルメニューが楽しめるキャンペーン「TONY ROMA’S NEW CLASSICS(トニーローマ ニュークラシック)」を2月26日~5月6日の期間で開催する。
 “NEW CLASSICS”とは「新定番」という意味。自慢のバーベキューリブをはじめ、日本上陸から40年にわたって人気の定番メニューに並ぶ新たな定番になろうかといった一味こだわったアイテムの数々を用意する。肉料理のイメージが強い「トニーローマ」だが、シーフード料理をはじめ、野菜のアペタイザーからデザートまで、バラエティ豊かなラインナップを揃えた。いずれも“ニュークラシック”をテーマに、アメリカ最新の食トレンドやフレーバーを取り入れて仕上げている。
 「クリスピー バッファロースタイル カリフラワー」(880円)は、マリネしたカリフラワーに特製の衣をつけてフライにした。ブルーチーズを絡めて、バッファロースタイルで楽しむのがおススメ。地中海生まれ、強い辛味が特徴の万能調味料「ハリッサ」。「ハリッサ グレイズ グリル サーモン」(2,380円)は、メープルシロップを加えることで後を引く辛さに仕上げたハリッサソースをたっぷりとサーモンに塗り、グリルした。ベイビーバックリブとの贅沢なコンビネーションプレート「リブ&ハリッサ グレイズ グリル サーモン」(3,580円)も用意。「フィレメダリオン&グリルシュリンプ」(3,980円)は、酸味のきいたシトラスバターを塗りながらグリルしたシュリンプの串焼きと、フィレステーキのコンビネーション。
 デザートメニュー「スイートヒート チョコレートチェリーケーキ」(750円)は、チェリーを混ぜ込んだ生地に、アクセントとしてチョコルーラホットソースを加え、焼き上げた。
 ドリンクメニューは、日本限定カクテル「サクラ ローマリータ」(980円)と「サクラ モヒート」(890円)を用意。2杯目は日本上陸40周年にちなみ400円で提供する。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年02月26日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る