外食ドットビズ

トピックス

北海道、函館の食卓には欠かせない冬の定番鍋「函館ごっこ鍋」を販売
不思議なスタイルに隠れた豊かな味わい!北海道は函館の郷土料理

 コロワイドMDは、全国の「北の味紀行と地酒 北海道」店舗(一部店舗を除く)にて、北海道の郷土料理「函館ごっこ鍋」(1,280円/1人前・2人前より)を2月18日~3月31日の期間限定で販売する。
 ごっこ(ほてい魚)は、獲れる時期やエリアが限られ、北海道出身でも知らない人もいる函館エリアなどでしか獲れない希少魚。中層の深海魚ごっこは、この時期に産卵のため浅瀬まで上がってくる。函館(渡島)エリアでもこの時期にしか味わえない旬の食材で、函館エリアのスーパーマーケットなどでは丸ごと一尾のごっこがズラリと並ぶ。
 漁獲直後のごっこは、体中に粘液をまといウナギ以上にヌルヌル。調理の際には一度茹で、さらにふき取りぶつ切りに。ゼラチン質をたくさん持つため灰汁がたくさん出るが、それこそが旨みの証。
 なお、3月上旬まで、「冬の味覚フェア」を実施中。箸で鍋の底をつついて壊してしまいそうなくらいおいしいことから「鍋壊し」とも呼ばれる「天然カジカ鍋」(1,090円)。塩辛い味付けがビールや日本酒のおつまみとしてもぴったりな、創業100年「大金畜産 塩ジンギスカン素揚げ」(780円)、銘酒「国士無双」で有名な高砂酒造の酒粕を使用した「高砂酒造 酒粕プリン」(480円)、マヨネーズで食べる「茹でタラバガニ マヨネーズ付き」(1,380円)などを提供している。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年02月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る