外食ドットビズ

トピックス

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション、関谷シェフのコンクール優勝料理を提供
世界一を獲得した料理を味わえる!「舌平目のターバン仕立て」を期間限定で

 フォーシーズが運営する「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」は、同店の関谷健一朗シェフが由緒あるフランス料理のコンクール「第52回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール」にて日本人として34年ぶりに優勝の栄誉に輝いた事を記念して、コンクール受賞料理「舌平目のターバン仕立て」(7,500円/税込・サ別/要予約)を3月10日~3月17日の期間限定で提供する。
 昨年11月にフランス・パリで行われた「第52回<ル・テタンジェ>国際料理賞コンクール インターナショナル(パリ)」は、世界的なシャンパーニュメゾン「テタンジェ社」が1967年に創設し、52年の歴史を持つ由緒あるフランス料理の国際的な料理コンクール。フランス料理界の明日を担う39歳以下のシェフの登竜門といわれる本コンクールは、6ヶ国(フランス・日本・スイス・ベルギー・オランダ・イギリス)それぞれの優勝者で競われた。関谷シェフは同コンクールにて、日本人として実に34年ぶり史上2人目の優勝という快挙を成し遂げた。
 今回、関谷シェフのコンクール優勝を記念し、3月10日~17日の一週間限定で、優勝を勝ち取ったメニュー「舌平目のターバン仕立て」を提供する。コンクールジャポン審査委員長であり、日本人として史上初めて優勝した堀田大氏にも「全ての物が完ぺきだった」「大事なお客様にお出しする料理」と評価された、関谷シェフの技を堪能できる一皿。
 

(外食.Biz)
2019年02月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る