外食ドットビズ

トピックス

ナポリの下町食堂お茶の水店、ナポリの郷土料理「サルトゥ」を限定販売
イタリア映画「ナポリの隣人」の半券を提示すると飲食代が10%OFFに

 ジローレストランシステムは、トラットリア「ナポリの下町食堂お茶の水店」にて、イタリア・ナポリの郷土料理「サルトゥ」の販売を2月9日より期間限定で開始した。
 今回提供する「サルトゥ」は、同日より岩波ホールにて上映されるイタリア映画「ナポリの隣人」とタイアップしたもので、上映期間中は映画の半券を提示すると飲食代が10%OFFになるキャンペーンも実施する。
 「サルトゥ」は、固めのトマトリゾットで、たっぷりの具材を包み込んだナポリの郷土料理。同店では、トマトリゾットの中に、サルシッチャ・生ハム・自家製ミートボール・ポルチーニ茸・グリーンピース・ゆで卵・モッツァレラ・レーズン・ブッファラ(水牛のモッツァレラ)の豪華9種をぎゅっと詰め込んだ。フォークで掬うとモッツァレラがとろ~り。ひと口ごとに幾通りもの味わいが楽しめる食べごたえたっぷりの一品に仕立てた。
 

(外食.Biz)
2019年02月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る