外食ドットビズ

トピックス

上島珈琲店、「大手町フィナンシャルシティ店」を完全キャッシュレス化に
同時に、アプリからの事前注文決済サービス「O:der(オーダー)」も導入

 UCCグループのユーシーシーフードサービスシステムズは、「上島珈琲店 大手町フィナンシャルシティ店」において、2月1日から、完全キャッシュレス化(非現金化)の取り組みを開始した。
 近年の日本国内におけるキャッシュレス化への気運の高まりを背景に、同社では、顧客の更なる利便性の向上を目的に、「上島珈琲店」の中でもキャッシュレス決済の割合が高い「大手町フィナンシャルシティ店」において、完全キャッシュレス化を導入した。店頭での決済は、UCCグループの業態の店舗で利用できるプリペイド式カード、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済(PayPay、Alipay、WeChatPay)が利用できる。
 また、「完全キャッシュレス化」に伴い、来店客を待たせない利便性の向上および店舗オペレーションの効率化を目的として、Showcase Gig(ショーケース・ギグ)が提供する事前注文決済サービス「O:der(オーダー)」を導入。来店前にアプリから事前に注文と決済を済ませることで、店頭で並ぶことなく、キャッシュレスで商品を受け取ることが可能となる。
 同社では、今後も顧客にとって、心地よい空間で心身共にくつろぎながら「コーヒーがもたらす豊かな瞬間(ひととき)」を体験してもらえる、より利用しやすい店舗づくりを目指していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年02月05日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る