外食ドットビズ

トピックス

九州熱中屋、春の味覚「ホタルイカ」「桜エビ」メニューが新登場
「ホタルイカ釜茹で3秒しゃぶしゃぶ」や「桜エビと水菜のサラダ」などを用意

 DDホールディングスグループのゴールデンマジックは、全国のサバと餃子と焼酎の旨い店「九州熱中屋」店舗(一部店舗を除く)にて、「ホタルイカ」「桜エビ」を使用したメニューを2月1日~4月30日までの期間限定で提供する。
 ホタルのように全身が青く幻想的に光り、海面に放つ光は宝石のように美しいとされるホタルイカ。この時期旬を迎えるホタルイカは市場では春の風物詩とされ、小さくても濃厚なワタと旨みが詰まった今しか味わえない逸品。「ホタルイカ釜茹で3秒しゃぶしゃぶ」(1,200円)は、刺身でも食べられる新鮮なホタルイカを贅沢にしゃぶしゃぶに。ワタが沢山詰まっているので沸騰した釜にさっと3秒くぐらせると、ぷっくりと膨らむ。凝縮した旨みが口全体に広がり、濃厚なとろとろの食感とともに堪能出来る。「ホタルイカ刺し」(680円)は、鮮度と旨味がギュッと詰まったホタルイカを刺身で。外はプリプリ、中はとろとろ、濃厚なワタの旨みは絶品。「ホタルイカの天ぷら」(750円)は、サクサクの衣の中にしっかりとホタルイカが丸ごと一匹。ホタルイカの持つ食感と旨味の詰まったわたの濃厚な味が口に広がる。
 また、体は透明だが、甲殻に赤い色素をもっているため桜色に見え、その美しい姿は海の宝石とも呼ばれる桜エビ。カルシウムをはじめ、多彩な栄養素を含んでいるため栄養価も高く、風味や甘みがぎゅっと詰まった春を感じられる桜エビを使用したメニュー、「桜エビと水菜のサラダ」(680円)、「桜エビと春キャベツの塩焼きそば」(780円)、「桜エビとニラの卵とじ」(780円)を取り揃えた。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2019年02月04日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る