外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、「サッポロ生ビール黒ラベル」をリニューアル発売
より白く美しい泡を実現し、完璧な生ビールへ黒ラベルはさらに進化!

 サッポロビールは、「サッポロ生ビール黒ラベル」(135ml/250ml/350ml/500ml缶、小/中/大びん、10L/20L樽)の中味およびパッケージをリニューアルし、1月下旬製造分から順次切り替えると発表した。
 同社は、これまでも生ビールの重要な要素である「泡」品質向上への取り組みを続けてきたが、今回、世界で初めて(同社調べ)ビールの「泡の色」を測定する方法を開発し、「鮮度が良いビールの泡はより白く美しい」ことを解明した。原料・製法・消費者に届くまでの品質管理への徹底した取り組みに加え、製造方法をさらに工夫し、その測定技術を活用することで、味は変えずに、より「白く美しい泡」を実現した。これにより「完璧な生ビールを。」を訴求し続ける「サッポロ生ビール黒ラベル」がさらに進化した。また、併せてパッケージデザインを、よりシンプルにブランドロゴを際立たせる。
 「サッポロ生ビール黒ラベル」は、生ビール時代の先駆け的商品として、1977年に「サッポロびん生」の名で誕生し、今年発売42年を迎えるロングセラー商品。同社では、「ビール再強化宣言」の事業方針の下、本商品のリニューアルを通じて黒ラベルブランド全体の強化を図り、ビールカテゴリー全体の売上拡大を目指すとしている。
 

(外食.Biz)
2019年01月10日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る