外食ドットビズ

トピックス

ピザーラ、顧客利便性の向上のためスマホ決済サービス「PayPay」導入
キャッシュレス化推進にあたり注目されている決済サービスの一つを順次

 フォーシーズは、届け先や店頭でQRコードをスマホで読み込んでもらうことにより決済が可能になるサービス「PayPay」を全国の「ピザーラ」221店舗にて1月8日より先行導入を開始した。
 「PayPay」は、ソフトバンクとヤフーの共同出資会社であるPayPayが提供するスマホ決済サービス。スマートフォンをはじめ、モバイル端末に決済用のバーコードやQRコードを表示させることで、簡単に商品代金を支払うことができる。あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネーによる支払いと、クレジットカードによる支払いの2種類を選択できることが特長で、「PayPay」専用アプリから利用できる。
 政府は、キャッシュレス決済比率を2025年までに40%、将来的に世界最高水準の80%にすることを目指してキャッシュレス化を推進しており、バーコードなどを使っての決済サービスは、キャッシュレス化推進にあたり注目されている分野でもある。
 「ピザーラ」では、様々なお得なサービスやキャンペーンが利用でき、今後の拡大が見込まれる話題の決済サービスの取扱いを始めることで、顧客の利便性の向上を図るとともに、今後も、より多くの人が「PayPay」での決済サービスを利用できるよう、導入店舗の拡大を進めていきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年01月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る