外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、欧州輸入ワインの一部商品の価格を引き下げ
日本と欧州連合(EU)が合意した経済連携協定(日欧EPA)を受け

 サッポロビールは、日本と欧州連合(EU)が合意した経済連携協定(日欧EPA)を受け、欧州輸入ワイン74アイテムについて出荷価格の引き下げを実施すると発表した。
 同社では、3月1日同社売上分より、欧州輸入ワイン74アイテムを対象に、参考小売価格ベースで2%~17%引き下げる価格改定を実施する。
 なお、価格改定する主なブランドおよび商品は、ヴィナディス(フランス)が「ラ・キュベ・ミティーク」等、C・F・G・V(フランス)が「ポール・ルイ」等、バカルディ(イタリア)が「マルティーニ アスティ スプマンテ」等、コドーニュ(スペイン)が「ヴィニデルサ ドゥーシェ・シュバリエ ドライ」等、マルケス・デ・リスカル(スペイン)が「マルケス・デ・アリエンソ」等、などとなっている。
 同社は、今後も、良質なワインを提供し、よりの多くの人にワインのある生活を楽しんでもらえるよう取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2019年01月09日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る