外食ドットビズ

トピックス

吉野家、創業120周年の今年は「牛丼元年」と位置づけ様々な施策を展開
第1弾「1日限定 牛丼並盛アタマ120%に増量キャンペーン」を1月24日に実施

 吉野家は、全国の「吉野家」店舗(一部店舗を除く)にて、1月24日の10時~22時に、「1日限定 牛丼並盛アタマ120%に増量キャンペーン」を実施する。
 「吉野家」は、1899(明治32)年に東京・日本橋の魚河岸で産声を上げて以来、今年で創業120年を迎える。この還暦2回分の大還暦120年間の愛顧に感謝し、今年を「牛丼元年」と位置づけて、牛丼をもっと楽しんで味わってもらうように様々な施策を展開していく。
 その第1弾として「1日限定 牛丼並盛アタマ120%に増量キャンペーン」を実施。1月 24 日は、1872(明治5)年に、明治天皇が初めて牛肉を試食された日で、日本で現代の牛肉文化がはじまった“牛肉の日”。本キャンペーンでは、「牛丼(並)」を注文すると、アタマ(牛丼の具)を無料で120%に増量する。
 

(外食.Biz)
2019年01月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る