外食ドットビズ

トピックス

食べログ、ネット予約サービスの累計予約人数が5500万人を突破
外食シーンにおけるネット予約利用は拡大が続き、集客ツールとしても重要性が高まる

 カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」は、2018年12月27日をもって、レストランのネット予約サービスを通じた予約人数が累計5,500万人を超えたと発表した。
 食べログのネット予約サービスは、24時間365日いつでも、スマホやPCなどからリアルタイムで空席を確認し、予約を完了できる。日時とエリア・ジャンルを指定してネット予約できるお店を探せるとともに、気になるお店の空席カレンダーなどからも簡単に予約ができる。対象となるお店も、カジュアルな居酒屋から特別な日に使いたいレストランまで、全国のさまざまなジャンルのお店を網羅。内観や料理などの写真、口コミを参照しながらお店を選べて、予算に合わせたコースやお得なクーポンからもネット予約ができる。さらに、予約人数に応じてTポイントが貯まるとともに、貯まったTポイントを飲食代金に利用できる。また、「今すぐポイント利用」サービスにより、その予約で付与される通常のTポイントをそのまま当該予約の値引きにも利用でき、アプリからの予約ならTポイントが通常の2倍貯まり、さらにお得に利用できる。
 外食シーンにおける生活者のネット予約利用は拡大が続いており、飲食店の集客ツールとしてもネット予約の重要性が高まっている。レストランからは、月間1億人超がお店探しの必須サービスとして利用する食べログの集客力、そしてTポイントサービスにより集客のさらなる強化が期待できる点などを評価され、ネット予約への参加レストラン数も順調に拡大している。
 

(外食.Biz)
2019年01月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る