外食ドットビズ

トピックス

日欧EPA発効と普段のワイン飲用に関するアンケート調査結果②
普段よく飲むワインのタイプは赤ワインがトップで67%、2位白ワインは44%

 日本と欧州連合(EU)が大枠合意した日欧経済連携協定(日欧EPA)で、欧州産ワインの関税は2019年にも撤廃されることが発表され、12月12日の欧州議会で承認された。サッポロビールは、同社Webサイトで20歳以上の男女13,091人に、この日欧EPA発効と普段のワイン飲用に関するアンケート調査を実施。第2回は、普段のワイン飲用傾向に関する調査に関して掲載する。
■普段よく飲むワインのタイプは赤ワインがトップで67%、2位白ワインは44%
 普段、好んでよく飲む(よく購入する)ワインのタイプは何かとの質問に対して、「赤ワイン」(67%)、「白ワイン」(44%)、「スパークリングワイン(シャンパーニュ含む)」(32%)、「ロゼワイン」(12%)、「ワインは飲まない(買わない)」(4%)、「フルーツワイン」(4%)であった。「赤ワイン」が最も高い人気だったが、「白ワイン」や「スパークリングワイン」の愛飲者も多いことがわかった。
■普段よく購入する輸入ワインの価格帯は800円~1,400円未満で全体の約6割を占める
 普段、よく購入する輸入ワイン(赤・白)の価格(税抜・750mlあたり)帯に対する質問に対し、「1,000円~1,400円未満」(30%)、「800円~1,000円未満」(29%)、「1,400円~2,000円未満」(19%)、「600円~800円未満」(17%)、「600円未満」(11%)などと、普段よく購入する価格帯は800円~1,400円未満で全体の約6割を占めていた。
■72%の人が最近1年で欧州産ワインを購入・飲用している。
 最近1年、どの欧州ワインを購入して飲んだことがあるかとの質問に対し、「フランス」(43%) 、「イタリア」(32%) 、「欧州ワインを購入して飲んでいない」(28%) 、「スペイン」(26%) 、「ドイツ」(14%)などだった。ここ1年で72%もの人が欧州ワインを飲んでいるとのことから、欧州ワインが定着していることが伺えた。

 本調査結果を受け、サッポロビール ワイン事業部グループリーダーの小林隆太氏は『日欧EPAの発効を契機に、ワインに注目が集まることで、興味を持たれる方、商品を手に取ってくださる方が増えれば、日本のワインの市場拡大に繋がると思われます。ワインを販売する当社は、これを需要喚起の絶好に機会と捉え、ワインのあるっ生活の楽しさを積極的に提案していきます。』とコメントした。

【調査概要】
回答数:13,091名
男女比:男性44.2%、女性55.8%
調査期間:9月10日~9月17日
集計方法:サッポロビールwebサイトでのアンケート調査
 

(外食.Biz)
2018年12月18日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る