外食ドットビズ

トピックス

TableCheck、三井住友カードと提携し「TableCheck Pay」提供開始
アプリDL不要、テーブル会計をスマホ1つで完結。飲食業界のキャッシュレス化を促進

 TableCheck(テーブルチェック)は、三井住友カードと提携し、飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」の提供を12月10日に開始した。第一弾として、三井住友カードのプラチナ・ゴールド会員を対象に本サービスを提供する。
 飲食店・レストランの利用者にとって、現金やカードによる従来の会計スタイルは、食事後の手続きに手間が生じたり、会計そのものに時間がかかることなどがストレスの原因となっている。また、飲食店・レストランにとっても、釣銭の渡し間違いや金額の入力ミスが生じたり、会計の度にテーブルとレジを行き来しなければならない手間が発生し、業務の負担となっている。
 「TableCheck Pay」であれば、ユーザーがレストラン予約時にクレジットカード情報を登録することで、店舗で現金やクレジットカードを用意することなく、サインレスでスマートな会計が可能となる。さらに、既存のスマホ決済で一般的な「QRコード決済」以外にも、SMSやEメールで通知を受け取りリンク先のページから決済を実行する「メール決済」を採用することで、専用アプリのダウンロードを不要とし、ユーザーの利便性をより一層高めた。
 また、同社は、2019年1月より同社が提供する「TableCheck Pay」および「キャンセルプロテクション」のカード決済手数料を従来の3.9%から3.19%に引き下げる。これまでカード決済手数料を懸念しキャッシュレス決済の導入を見送っていた飲食店に対しても導入しやすい環境を整えることによって、飲食業界全体のキャッシュレス比率の向上に貢献する。
 両社は、今後も新たなIT技術を積極的に活用し、飲食業界のキャッシュレス化促進をサポートし、将来的には、会計の手間なく飲食店を利用できるPayless(ペイレス)な決済環境の実現を目指し、世界中の飲食店・レストランとユーザー双方の満足度と利便性の向上に取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年12月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る