外食ドットビズ

トピックス

一風堂、「白丸元味(ブラックペッパー・オレガノ麺使用)VIRON 監修バゲット付き」発売
「日仏友好160周年記念コラボ麺企画 PARIS RAMEN ZUZUTTO 2018」を開催

 力の源カンパニーは、「一風堂」の代々木上原店・飯田橋サクラテラス店・上野広小路店・五反田東口店・横浜西口店の5店舗において「白丸元味(ブラックペッパー・オレガノ麺使用)VIRON 監修バゲット付き」(990円)を12月1日~12月28日の期間、数量限定で販売する。
 今回、日仏友好交流160周年を記念し、食の文化交流を目的とした「日仏友好160周年記念コラボ麺企画 PARIS RAMEN ZUZUTTO 2018」を開催。2014年に行われた「PARIS RAMEN WEEK ZUZUTTO」でパリの地でラーメンを中心とした日本食文化を広める一翼を担ったラーメン店「一風堂」、「ちばき屋」、「ソラノイロ」、「とら食堂」の店主4名が再集結し、フランス大使館後援のもと、それぞれのラーメン店が持ち味や技を存分に生かした日本の小麦とフランスの小麦を使用した日仏コラボ麺4種を開発した。
 「一風堂」では、看板商品の「白丸元味」の麺にフランス小麦と国産小麦を使用し、ブラックペッパーとオレガノを練り込んだ。豚骨スープのマイルド感にペッパーのハードな辛さとハーブの香りが重なり合い、麺は通常よりもザクザク感が増したモチっとした食感に仕上がっている。トッピングはシンプルに、それぞれの素材の美味しさを存分に引き出した。さらに、行列で話題のブラッスリー「VIRON」監修のバゲット付きで提供。好みの大きさにちぎってスープに浸して食べると、麺とはまた違ったしっかりした歯ごたえと小麦の甘みが感じられ、新たな美味しさを楽しめる。なお、このバゲットは、白丸元味のために開発。販売期間中は、「VIRON」卒業生でもある横浜の「ブーランジェリーアダチ」に、一つ一つ手作りして提供してもらう。
 なお、「ちばき屋」では、フランス産小麦、国産小麦を融合した平打ち麺「日仏コラボラーメン」(1,000円)、「ソラノイロ」では、フランス産小麦、国産米粉を使用した麺「日仏コラボ米粉ヌードル」(1,000円)、「とら食堂」では、フランス産小麦 100%の手打ち麺「日仏コラボ麺」(900円)をそれぞれ店舗&期間限定で提供する。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2018年12月06日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る