外食ドットビズ

トピックス

「サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>」年間販売目標を上方修正
同社RTD史上最速での200万ケース到達で、当初予定の4割増の販売目標に

 サッポロビールは、「サッポロチューハイ99.99<フォーナイン>」の販売数量が11月29日の出荷をもって、年間販売目標の200万ケース(250ml×24本換算)を達成したと発表。これは同社RTD史上最速での200万ケース到達となる。また、年間販売目標を当初の4割増となる280万ケース(250ml×24本換算)に上方修正した。
 同社では、“甘くないので飲みやすい”“アルコール9%なのに後味に嫌なアルコール臭が残らない”、“このシンプルなデザインが映える”といった声より、「飲み飽きないスムースな飲み口」や「これまでにないシンプルでスタイリッシュなパッケージ」が販売好調の要因とみている。また、俳優の長谷川博己さんを起用したコミュニケーションにおいても「研ぎ澄まされたうまさ」をスタイリッシュに表現し、「洗練された大人のチューハイ」というイメージを定着させたことが、顧客の心をつかみ、売上好調につながっているとしている。
 

(外食.Biz)
2018年12月04日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る