外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、千葉県交通安全協会へ売り上げの一部を寄付
県内の交通事故削減や交通安全の啓発活動に役立ててもらう目的で

 サッポロビールは、今年10月に千葉県を中心に数量限定発売した「サッポロ生ビール黒ラベル 千葉工場30周年オリジナルキャンペーンパック」の売り上げの一部155,712円を11月28日に公益財団法人 千葉県交通安全協会へ寄付したと発表した。
 千葉県交通安全協会は、県内の交通事故防止のため、交通道徳の普及高揚と交通安全の実現に寄与することを目的に設立された団体。一方、同社千葉工場は、千葉県に大規模工場のある唯一のビールメーカーとして、より良い未来と発展に貢献するため、地元に根ざしたさまざまな取り組みを継続的に行っている。今回、その取り組みの一環として、昨年に引き続き、千葉県内の交通事故削減や交通安全の啓発活動に役立ててもらう目的で寄付を実施した。
 同社は、千葉県民とともに、千葉県が推進する「次世代への飛躍 輝け! ちば元気プラン」の実現に向け、今後ともさまざまな活動を通じて支援していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年12月03日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る