外食ドットビズ

トピックス

マクドナルド、「マックハッピーデー」等の募金総額44,813,100円を寄付
病気と闘う子供とその家族の支援のために、マクドナルドとお客様がひとつに

 日本マクドナルドは、病気と闘う子供とその家族を支援する「マックハッピーデー」を10月28日に全国の「マクドナルド」店舗で実施し、同社からの寄付と顧客からの募金を合わせた総額が44,813,100円となったと発表した。
 「マックハッピーデー」は、ハッピーセット購入1つにつき50円を病気と闘う子供とその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」に寄付するチャリティキャンペーン。今年は、来店できない人やハッピーセットを購入しない人にも参加してもらいたいと、新たに「マックハッピーデーチャリティオークション」を実施した。
 本キャンペーンでの店頭募金金額は、10,393,540円となった。また、同日のハッピーセット販売数643,077個の売上からの寄付金額32,153,850円と、チャリティオークションの合計落札金額2,265,710円を合わせた、計44,813,100円を「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を運営する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンへ寄付する。
 同社は、未来を担うすべての子供たちが笑顔になることを願い、その取り組みの一つとして「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を通じて病気と闘う子供とその家族を応援。今後も、より豊かな食事の時間を過ごしてもらえる商品の提供とともに、社会に貢献する活動を継続して進めていきたいとしている。
マックハッピーデーの様子:https://www.youtube.com/watch?v=2I69tjW7ubg
 

(外食.Biz)
2018年12月03日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る