外食ドットビズ

トピックス

ビヤホールライオン、「池袋東口店」で開店50周年特別企画を開催
12月1日~12月6日の期間限定・特別価格で人気商品を提供!

 サッポロライオンは、12月6日に開店50周年を迎える「ビヤホールライオン 池袋東口店」にて、12月1日~12月6日の期間限定で、ビヤホールの人気商品を特別価格で提供する。
 1968年12月6日に開店した「ビヤホールライオン 池袋東口店」。開店当初は、店内にピアノがあるビヤホールで、“音楽があると大変楽しく、ビヤホールの雰囲気にぴったり”ということもあり、1998年4月に「音楽プラザライオン」にリニューアルオープンし、演奏を本格的に取り入れた。現在は、音楽の演奏はないが、池袋の老舗ビヤホールとして多くの人に利用されている。
 今回、開店50周年当日の12月6日限定で、同店にて演奏を行う。陽気なポルカやワルツ、ヨーロッパの心温まる陽気な民族音楽やダンスなどで同店の誕生日を盛り上げる。また、期間中、各日ごとに「サッポロ生ビール黒ラベル」「チキンの唐揚げ」「ソーセージ5種盛合せ」などのビヤホールの人気商品を特別価格で販売する。例えば、12月1日には、終日「サッポロ生ビール黒ラベル(小)」と「チキンの唐揚げ」をワンコイン500円で、12月3日には、終日「サッポロ生ビール黒ラベル(中)」を500円で提供する他、ランチドリンク1杯サービスや、ワンコイン(500円)日替りランチを20食限定で用意するなどサービスを提供する。なお、12月6日は、「サッポロ生ビール黒ラベル」を全サイズ半額、ランチタイムはランチドリンク1杯サービス、限定20食で日替わりランチを500円で提供する。
※金額は、「税込み」価格
 

(外食.Biz)
2018年12月01日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る