外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、ボージョレ・ヌーボーを日本人向けにブレンド
女性醸造家がフランスに赴き、現地で日本人向けにブレンドを監修

 サッポロビールは、日本人向けにブレンドを監修した「アガミー ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー ポーボトル2018」(500ml)を11月15日に発売する。本商品は、フランスに同社女性醸造家の久野靖子氏が赴き、監修を担当した。なお、同社の醸造家が現地でボージョレ・ヌーボーのブレンドを監修するのは、今回が初めての取り組みとなる。
 本商品を製造するアガミー社では、より複雑で豊かなボージョレ・ヌーボーをつくるために、タンクで発酵させたワインの原酒をブレンドしている。今回、このブレンドの工程を同社の醸造家が監修することで、日本の消費者が楽しみやすいよう、香りの良さや風土を感じる深い味わいとともに、食事を引き立てるワインに仕上げた。
 本商品は、輝きのある新酒らしい紫色のワインで、フランボワーズをはじめとする赤いベリー類やバナナを想わせる香りに、かすかにカシスやチェリーのニュアンスが重なる。口に含むと新酒らしいフレッシな酸味と果実の甘い口当たりを感じる。酸味と渋味のバランスがよく、食前酒としても、食事と一緒にも楽しめる。また、ボトルには、ボージョレ地方の大衆食堂Bouchon(ブション)で提供される厚底の瓶(ポーボトル)を採用することで、フランスの大衆食堂の気分を味わうことができる。
 

(外食.Biz)
2018年11月08日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る