外食ドットビズ

トピックス

TableCheck、電話予約の無断キャンセル防止機能の提供を開始
従来の飲食店ネット予約に加え電話予約でも事前カード決済・与信が可能に

 TableCheckは、飲食店・レストランにおいて電話予約の無断キャンセルを防ぐ機能「電話予約向けキャンセルプロテクション」の利用申し込み受付を11月5日より開始した。本機能により、予約顧客管理システム「TableSolution(テーブルソリューション)」を利用する飲食店では、電話予約・ネット予約の両方で無断キャンセルや直前キャンセルの対策が可能になる。
 現在、飲食店の予約手段でもっとも多いのは電話予約だが、今年5月に同社が実施した「第1回 飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」では、無断キャンセルをした際の予約手段の約6割が電話予約と、無断キャンセルが最も発生しやすい予約手段でもあることが明らかになった。
 「テーブルソリューション」のクレジットカード決済機能「キャンセルプロテクション」は、予約時に事前決済や与信をとることで無断キャンセルを抑止する機能。昨年6月の提供開始から約800店舗に採用され、無断キャンセルの発生を防ぎ、売上損失の回避をサポートしてきた。しかし従来の機能では、ネット予約のみに対応した機能であったため、電話予約の無断キャンセル対策は行えていなかった。
 「電話予約向けキャンセルプロテクション」は、電話予約に対応した無断キャンセル防止機能。電話で予約を受け付けた際に、飲食店側が仮予約を入力すると、予約希望客にクレジットカード情報入力フォームがSMS又はEメールで自動送信される。予約希望客が有効時間内にクレジットカード情報を入力すると、テーブルソリューション上の仮予約が自動で本予約に更新され予約が完了する。また、有効時間内に手続きが行われなかった場合、仮予約のキャンセル処理もシステムが自動対応する。
 本機能の提供により、飲食店は従来の予約オペレーションを変えることなく、人手を掛けずに、電話予約とネット予約の両方で無断キャンセル対策が行える環境が整った。
 同社では、今後も、飲食業界の無断キャンセル撲滅を促進し、世界中の飲食店・レストランとユーザー双方の満足度と利便性の向上、そして「最高のレストラン体験の実現」に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2018年11月06日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る