外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、11月の「トレンド座談会」は“肉”
20代女性の約9割が肉料理派!肉と魚介を同時に楽しむサーフ&ターフにも注目

 リクルートライフスタイルの調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、毎月外食のプロフェッショナルを集め、外食トレンドを発表するための「トレンド座談会」を開催しているが、11月は11月29日の“いい肉の日”を控え、肉についてレポートした。
 まず、全国1,032人の男女に肉料理派か魚料理派かを尋ねたところ、全体的に肉料理派が大多数の中、特に20代女性では実に89.9%の人が“肉料理派”と回答。20代女性が肉料理に求めることの1位は「ボリューム」(59.8%)、2位は「スタミナ」(52.0%)と、肉に“ガッツリ感”を求める肉食女子の実態が明らかになった。
 また、毎月実施している「外食市場調査」では、「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店の市場規模」が年々伸びている。特に2017年は肉系業態の伸びが非常に大きかったと言える。昨年から今年にかけての低糖質ブームで、「肉なら食べてOK」という風潮が広がったことや、一人焼肉専門店や食べ放題焼肉店、熟成肉専門店など多様なスタイルの店が登場したことが、肉系外食市場の盛り上がりにつながったと考えられる。
 なお、好きな肉料理トップ5は、20代・30代・40代が揃って、1位「焼肉」(43.6%・50.0%・43.4%)、2位「から揚げ/フライドチキン」(39.3%・48.4%・39.0%)、3位「ハンバーグ」(37.4%・28.9%・31.5%)、4位「ステーキ」(26.1%・27.3%・27.5%)、5位「焼き鳥」(25.7%・25.8%・26.7%)で、50代は1位「焼肉」(46.7%)、2位「ステーキ」(37.3%)、3位「とんかつ」(32.2%)、4位「から揚げ/フライドチキン」(30.2%)、5位「焼き鳥」(26.7%)であった。
ホットペッパーグルメ外食総研上席研究員の有木真理氏は、『肉ブームはとどまるところを知りません。一人焼肉や熟成肉、農家指定のブランド牛の人気はもちろんのこと、日本酒とのペアリングを楽しめたり、高級肉食べ放題のお店も増えていたりと、肉を楽しむスタイルは進化を続けています。また、“糖質量を制限するダイエット”も注目され、お肉でお腹を満たす男女も増加しています。
中でも外食総研が注目しているのは、肉と魚介を一緒に楽しめるサーフ&ターフ。まだ専門店は少ないですが、和牛の上にウニを載せた和のメニューなども注目を浴びたり、お鮨屋さんと焼肉屋さんが合同でポップアップイベントを実施するなど、これからさらに進化を続けそうなスタイルです。』と述べた。

【参考】肉料理のトレンドが楽しめるお店
■肉割烹 かぐら 有楽町店
こだわりの肉と厳選された日本酒の店。全ての肉料理に国産黒毛和牛「京の肉」を使用。
https://www.hotpepper.jp/strJ001001553/
■炊き肉 牛ちゃん 恵比寿店
鹿児島発祥と言われる“炊き肉”の店。和のサーフ&ターフが楽しめる。
https://www.hotpepper.jp/strJ001146685/
■BLT STEAK GINZA
店の人気料理が選べるプリフィクスランチでは、ステーキとシーフードといった洋のサーフ&ターフが味わえる。
https://www.hotpepper.jp/strJ001164181/

【アンケート概要】
調査方法:インターネットによる調査
調査時期:8月24日~8月26日
調査対象:全国に住む20~59歳の男女(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:1,032件
 

(外食.Biz)
2018年11月05日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る