外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、2017年度外食タウンランキング⑧
首都圏中食市場規模トップ3は「池袋・大塚」「新宿」「東京・日本橋・大手町」

 リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、東名阪の男女約10,000人を対象に毎月実施している「外食市場調査」について、2017年度の外食および中食のタウンランキングを発表した。最終回となる第8回目は、東名阪の中食タウンランキング。
 まず、中食市場規模トップ5は、首都圏が、「池袋・大塚」(212億円)、「新宿(代々木)」(182億円)、「東京・日本橋・大手町(人形町)」(146億円)、「大宮・さいたま新都心」(139億円)と4位までは前年と変わらず、5位に前年6位の「横浜駅周辺」(131億円)が入った。東海圏は、「名古屋(JR・近鉄・名鉄名古屋)」(104億円)、「栄・伏見・矢場町」(55億円)、「春日井・勝川(高蔵寺)」(47億円)、「岐阜・名鉄岐阜(西岐阜)」(45億円)、「尾張一宮・名鉄一宮」(41億円)と前年と同じであった。関西圏は、前年同様「梅田・大阪・北新地」(198億円)がダントツ1位で、「尼崎・伊丹(塚口)」(99億円)、「西宮北口・甲子園」(95億円)、「天王寺(大阪阿部野橋)」「四条(烏丸)・河原町(祇園四条)」(各92億円)であった。
 中食市場規模の前年伸び率が高いタウントップ3は。首都圏が、「北千住」(154.8%)、「高田馬場」(144.6%)、「浅草(押上)」(129.3%)。東海圏は、「名古屋(JR・近鉄・名鉄名古屋)」(127.0%)、「東岡崎駅周辺」(119.9%)、「刈谷駅周辺」(111.9%)。関西圏は、「大正・弁天町・ユニバーサルシティ」(135.5%)、「新大阪(西中島南方)」(128.8%)、「宝塚駅周辺」(127.8%)であった。
 中食単価が高いタウントップ3は、首都圏が「銀座・有楽町」(1,387円)、「東京・日本橋・大手町(人形町)」(1,212円)、昨年の15位から大幅にランクアップした「新宿(代々木)」(1,149円)が3位に入った。東海圏は、「名古屋(JR・近鉄・名鉄名古屋)」(1,166円)、「栄・伏見・矢場町」(958円)、「桑名駅周辺」(861円)。関西圏は、「京都駅周辺」(1,256円)、「梅田・大阪・北新地」(1,125円)、「なんば・大阪難波(日本橋)」(968円)であった。因みに首都圏の中食単価が低い街は、「大和駅周辺」(633円)、「越谷レイクタウン(越谷)」(643円)、「志木(朝霞台・和光市)」(665円)であった。
 

(外食.Biz)
2018年10月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る