外食ドットビズ

トピックス

「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」の関谷シェフが国際的料理コンクールで優勝
関谷健一朗氏が「第52回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2018」にて

 フォーシーズは、“ジョエル・ロブション”が提案するカウンタースタイルのレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」にてシェフを務める関谷健一朗氏が、9月24日に行われた「第52回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン2018」にて優勝したと発表した。
 「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン」は、世界的なシャンパーニュメゾン「テタンジェ社」が1967年に創設し、今年で52年の歴史を持つ由緒あるフランス料理の国際的な料理コンクール。これまで数多くの優れたシェフを輩出し、毎年開催し続けている国際料理コンクールに直結したフランス料理コンクールとして高く評価されている。
 関谷シェフは、本コンクールにおいて、多くの参加者の中で見事優勝し、11月にパリで開催される世界大会「コンクール・アンテルナショナル」の出場権を手に入れた。なお、フランスで行われる世界大会では1970年に、ジョエル・ロブション氏が出場し優勝した。
 なお、関谷シェフは、『沢山の応援、ご協力により優勝することができたと思っています。いつもご来店くださるお客様、ご支援いただいた皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。ル・テタンジェ国際料理賞コンクールの日本代表として、11月のパリでの国際大会で良い結果を残せるよう、また、天国から見守ってくれているジョエル・ロブション氏に良い結果を伝えられるよう精一杯チャレンジすることはもちろん、日々レストランにお越しくださるお客様へ美味しいと感じていただける料理を届けられるよう努めていきます。』とコメントした。
 

(外食.Biz)
2018年10月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る