外食ドットビズ

トピックス

日本ミシュランタイヤ、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」を発表
京都からは、10年連続三つ星が3軒、初掲載となる鳥取は二つ星が2軒

 日本ミシュランタイヤは、京都と大阪、および鳥取県で厳選した飲食店・レストランと宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」のセレクションを発表した。なお、書籍は10月12日に全国の主要書店で発売される。
京都と大阪は2009年の「ミシュランガイド京都・大阪2010」発行から今回で10年目を迎え、鳥取は、ミシュランガイドの国内19エリア目、中国地方では広島に次ぐ2エリア目となる。毎年更新する都市版ガイドに、エリア全域を対象とした特別版を追加するのはミシュランガイドでは初めてとなる。
 料理の評価は、ミシュランガイド独自の基準により、三つ星「そのために旅行する価値のある卓越した料理」、二つ星「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」、一つ星「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」で表現しており、このほかに、ビブグルマン「価格以上の満足感が得られる料理」もある。
 今回、京都は259軒(飲食店・レストラン200軒、宿泊施設59軒)、大阪は225軒(飲食店・レストラン209軒、宿泊施設16軒)、鳥取県は98軒(飲食店・レストラン76軒、宿泊施設22軒)が掲載された。
 京都は、三つ星7軒が昨年の評価を維持し、「菊乃井 本店」、「吉兆 嵐山本店」、「瓢亭」の3軒が10年連続で三つ星として掲載。新規掲載の飲食店・レストランは計39軒(一つ星15軒、ビブグルマン24軒)、ホテルは8軒あった。京都らしく、朝食を提供する日本料理店、鯖寿司のお店など、個性的なセレクションが加わった。
 大阪は、三つ星4軒が昨年の評価を維持。新規掲載の飲食店・レストランは計34軒(一つ星10軒、ビブグルマン24軒)の料理カテゴリーは16種類に上り、豊かで活気あふれる大阪の食文化を象徴している。スパイスカレー、穴子料理、押し寿司専門店など、特徴あるお店が新たに掲載された。フランス料理「前芝料理店」は一つ星に評価が上がった。
 初掲載の鳥取県は、蟹料理「かに吉」、日本料理「みつき」の2軒が二つ星に。なお、蟹料理が二つ星で掲載されるのは「かに吉」が日本初となる。一つ星4軒はいずれも日本料理で、鳥取市、倉吉市、米子市のお店が掲載された。ビブグルマンには10軒が選ばれ、料理カテゴリーは居酒屋、欧風料理、蕎麦、日本料理、フランス料理、ラーメンの6種類に及んだ。
 

(外食.Biz)
2018年10月10日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る