外食ドットビズ

トピックス

スシロー、「築地の匠×スシローフェア」を9月14日より開催
築地の職人こだわりの逸品を、スシローを通じて日本全国の皆様へ

 あきんどスシローは、全国の「スシロー」店舗にて、「築地の匠×スシローフェア」を9月14日より期間限定で開催する。
 本フェアでは、10月6日に築地市場が最後の営業を迎え、10月11日に豊洲移転となる今、食の聖地である築地市場に敬意と感謝の気持ちを込めて、行列のできる有名店「大和寿司」、創業70 年の老舗「山五商店」、鮪一筋で勝負してきた「米彦」、素材にこだわる「丸武」の4つの名高い銘店の“築地の匠”とタッグを組み、築地の職人こだわりの逸品を届ける。なお、同日より「スシロー」では、100円皿、150円皿、300円皿と3つの価格帯となる価格改定を実施するが、今回は価格改定後初のフェアとなる。
 「本鮪赤身のづけ」(1貫150円)は、「大和寿司」公認のスシローオリジナルの煮きり醤油を使うことで、まぐろの旨味を最大限に引き出す逸品に仕上がった。また、伝統的な技法である“酢洗い”を再現するため、専用の酢をフェアに向けて開発した「あじの酢洗い」(2貫100円)では、“技”を施したネタならではの一味違う味わいを楽しめる。そのほか「昆布〆ひらめ」(1貫150円)や「〆の塩いくら巻」(1本150円)も展開する。
 「特上のふっくら煮穴子」(1貫300円)には、仲卸「山五商店」が目利きをした天然穴子を活〆にしたものを素材として使用。立ち寿司と同じ技法での加工にこだわり、時間をかけて丁寧に煮込んでいるので、ふっくらとしたやさしい食感を実現することができた。
 まぐろ専門仲卸「米彦」が目利きした極上の天然本鮪を使った「本鮪赤身」(1貫150円)は、一匹の魚体から少量しか取れない希少な部位のみを厳選しているため、本鮪特有の赤身の香りと旨味を感じられる。
 伝統を守りつつ新たな食の提案にも挑戦する大正末期創業の玉子焼き専門店「丸武」。今回、クリームチーズを練りこんだ優しい味わいの伊達巻を使用した新感覚スイーツ「伊達巻メルバ」(280円)を、「スシローカフェ部」の商品として提供する。
※金額は、「税抜き」価格
 

(外食.Biz)
2018年09月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る