外食ドットビズ

トピックス

アルバイト情報サービス「an」、8月のアルバイト全国平均時給は1,030円
フード系は現行調査開始以来、初の1,000円の大台に乗り過去最高を更新

 パーソルキャリア(旧社名インテリジェンス)が運営するアルバイト求人情報サービス「an」は、求人情報メディア「an」に掲載された求人広告から平均時給を分析し、2018年8月の結果を公表した。
 8月の全国平均時給は1,030円(前年同月比+29円)と42ヶ月連続で前年を上回った。また、「an」サイトの求人掲載数も、前年同月比144.0%と前年を上回っている。
 エリア別平均時給は、「関東エリア」が1,086円で最も高く、次いで「東海エリア」(1,020円)、「関西エリア」(1,019円)、「九州エリア」(924円) 「北海道エリア」(907円)と続いた。特に、「九州エリア」は60ヶ月連続、「北海道」は42ヶ月連続で前年同月比を上回る状況が継続している。ECサービスを運営する各社の事業拡大に起因する倉庫の新設や増設が相次いでおり、これに伴い「関東エリア」「関西エリア」共に、「運輸系」や仕分け梱包が分類される「技能・労務系」の求人数の伸びが顕著となっている。特に「運輸系」では前年同月比+67円と大幅に増加している。
 職種別平均時給は「専門職系」(1,196円)が最も高く、次いで「運輸職系」(1,149円)、「事務系」(1,052円)、「サービス系」(1,042円)、「技能・労務系」(1,027円)、「フード系」(1,000円)、「販売系」(949円)と続いた。「フード系」では、現行での算出方法での調査(2013年1月~)開始以来、初めて1,000円の大台に乗り、過去最高値を更新した。
 なお、「フード系」の平均時給は、「北海道」882円(前年同月比1.6%増)、「関東」1,064円(同1.5%増)、「東海」973円(同2.3%増)、「関西」976円(同2.8%増)、「九州」897円(同3.9%増)であった。
 an編集長の川合恵太氏は、『8月の全国平均時給は、前月比+6円、前年同月比+29円増加しました。多くの職種で都道府県別最低賃金改定の影響が早くも出始めています。特に「フード系」は、現在募集している時給が最低賃金改定後より低いケースが多く、店舗やエリア責任者の裁量で時給調整をしやすいため、影響が大きく出ています。9月は、多くの企業が賃金の底上げを行うことが想定され、平均時給は増加する見込みです。』と解説している。
 

(外食.Biz)
2018年09月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る